草花木果のこだわり

草花木果の自然へのこだわり

日本の伝承植物


草花木果は、やさしさと強さを秘めた、日本の伝承植物の生命力をまっすぐ肌へ届けます。
古来、日本人は美容や健康のために植物の恵みを暮らしに取り入れてきました。ゆず、緑茶、どくだみ、よもぎ、炭、米ぬか・・・。日本の豊かな自然が育んだ植物は、わたしたちの肌を美しく健やかに導くパワーを秘めているのです。草花木果は、その植物のはたらきを安全に、効果的に発揮させるために、原料には厳しい基準を設け、不純物や刺激物を極限まで取り除いています。

天然温泉水


肌本来のちからを引き出したい。草花木果がたどり着いたのは、関平温泉水でした。
美しい肌の基準は水分。肌にとって水はとても大切です。だから草花木果は、水も天然温泉水にこだわりました。日本中の天然温泉水の中から、化粧品の配合に適する、理想的なミネラルバランスの温泉水を探し、鹿児島県霧島山麗の関平温泉水を選び出しました。植物成分と天然温泉水。これこそが、自然の生命力を肌へ伝える、草花木果のこだわりです。


天然香料



草花木果は植物のアロマ効果に着目し、合成香料は一切使わず、植物から抽出した100%天然の貴重なエッセンシャルオイルのみを使用しています。たとえば、ゆずのエッセンシャルオイルは、約2kgの果実からわずか1mlしか抽出できません。草花木果なら凝縮されたピュアな香りが肌と心をリラックスさせ、お手入れを豊かなひとときに変えます。


天然色素


スキンケアもメーキャップもすべて天然由来の色素。草花木果はあくまでも自然な美しさを追求しています。
自然な美しさとともに、肌への安全性も大切にしたい。だから、草花木果はタール系色素を一切使わず、すべての化粧品を天然由来の色素だけでつくっています。自然界にある色彩だからこそ、肌になじみ、自然な美しさを引き出すと考えています。

 | 草花木果のこだわり